FC2ブログ

婚活の知恵

 政治は政党の「数の論理」で決まる!

去る11日の日曜日 第22回参議院選挙の投開票が行われました。
民主党は改選54議席を大きく下回って44議席に止まり、与党の議席は過半数を大きく割り込みました。
国会は衆参各院で多数派が異なる「ねじれ」状態になり、厳しい政権運営になると予想されています。

そこで「政治家と政治ってなんだろう」と素朴な疑問について書いてみました。

政治家とは、日本社会の現状を認識し、次の時代を考え、相応しい行動をすることではないでしょうか?
基本的なことは、 1、平和の社会を目指すこと
            2、公平であり、平等であり、弱者救済を考えること
            3、奉職である事を考え、私利私欲に向かわないないこと と考えます。

悲しい事は、現実では数の論理がまかり通り、選挙により政党の力関係が作られ、お相手を非難する事ばかりが目に付きます。
まるで、戦争であり、お互いが仲良く議論をして政策を決めていくようにはとても思えません。
そして、親分、子分の世界がまかり通り、新聞沙汰になるような悪事をかばい合う誠に都合がいい集団のように思えてなりません。
これでは国民の信頼を失い、政治不信になるのは当然といえるでしょう。

世界平和を考えるのであれば、数合わせで物事を考えて強行採決で処理をせずに、超党派により政策推進委員会を作り、各党派から議員が参加して、個人の判断でそれぞれの委員会に参加して、大いに議論をしてほしいと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード