FC2ブログ

握りつぶす

 6日 晴れ 定例の津市阿漕浦海岸清掃日です。
春近しの陽気で、汗ばむ程だ。

「ゴミを分別し、収集に出していない心無い人の行動は、いつまで続くのであろう」と思いながらの清掃作業。
参加者19名。ゴミ袋は35袋。
いつもの元気な顔ぶれ。 遠くは桑名から来ていただき、感謝!感謝!
作業も捗り、綺麗になって、自然界の生き物も喜んでいるようです。

次から次へと握りつぶされる事件が、菅政権で発生しています。
懲りない呆れた事件です。
1つは、自民党は、新型コロナウイルス緊急事態宣言中に深夜銀座のクラブで飲食した松本純元国家公安委員長、田野瀬太道文部科学副大臣、大塚高司衆院議院運営委員会理事を離党勧告処分とし、3氏は離党しました。
松本氏は当初、1人でクラブを訪ねたとウソの説明をしていました。
3人は、離党しただけで、次の選挙には「みそぎ選挙」として出馬予定です。
同様に銀座クラブを訪問した公明党の遠山清彦衆議院議員は、辞職し、次期衆議院選挙への不出馬を表明しました。
自民党の離党と公明党の辞職の違いを考えれば、公明党は王道であり、自民党の責任処分は政治への信頼を損ねた極めて甘いと言わざるを得ません。

2つ目は、東京五輪・パラリンピック大会委員会大会組織委員会の森喜朗会長は、臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言しました。
翌日、発言したことを謝罪し、発言を撤回しました。
1日おいての謝罪と発言撤回は、心底女性を侮辱した差別発言であり、根は深く、重く受けとめなければなりません。
この発言は、日本女性の社会進出を阻む発言であり、世界中に批判が高まりました。
平和・平等・友情・連帯のオリンピックの祭典。 大会の「顔」としての森会長は、相応しくありません。自ら辞任すべきです。
又、菅首相としては、辞職勧告しないということになれば自民党として女性侮辱発言を容認したことになります。

五輪予算は7300億円から1年延期で3兆円を超えて4兆円に近い金額になってきました。
森会長は、一般社団法人「日本スポーツレガシー・コミッション」を立ち上げ、数百億円とも目される東京五輪の剰余金の受け皿を開設しています。

スポーツに利権と政治介入のオリンピック。世界を敵にしてしまったオリンピック。世界にコロナ拡大続けるオリンピック。
競技者にとっても、このような中でのオリンピック開催は、可哀想です。
そこで残念ですが、オリンピック中止を希望します。
そして、コロナで苦しんでいる業者や弱者にオリンピック資金を使っていただく事、これが政治と思います。




















コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード