FC2ブログ

2つの選挙

 朝晩涼しくなり、秋の気配がしてきました。

「季節の変わり目であろうか」晴れが続かず、すぐに曇ったり、雨が降ったりする変わりやすい天気が続いています。
活発な雨雲が掛かり、突然の激しい雷雨になっています。
気象庁は、列島に横たわる秋雨前線と低気圧に加え、南岸の湿った空気の熱帯低気圧の影響と話しています。
大気の状態が、極めて不安定です。

10日 自民党総裁選たけなわの折、合流新党が結成されました。
合流は、立憲民主党と国民民主党です。
党名は「立憲民主党」、代表は選挙で泉健太氏に勝利した「枝野幸男」氏に決まりました。
党員は、立憲民主党88人、国民民主党40人、その他21人の149人です。
内訳は、衆議院議員106人、参議院議員43人です。

立憲民主党は生まれ変わりました。
自民党の不安定政治を牽制できる体制が整いました。
野党が群雄割拠の状態をまとまる状態の基礎が出来ました。

自民党総裁選挙は、5派閥の支持を得る菅義偉官房長官が勝利を確実にしました。
菅氏は、安倍政権の経済政策を引き継ぎ、取り組みを継承し、前へ進めたいと話しました。
森友・加計学園や首相主催「桜を見る会」を巡る問題などの安倍政権の「負の遺産」については、再発防止に努めるものの、一連の問題を検証する意欲は見られず、既に結論が出ているとしています。
又、現在10%の消費税率を将来的に引き上げる必要性に言及しました。
総裁選は、菅義偉官房長官が確実視されているので、2位が石破茂元幹事長か岸田文雄政調会長かが注目されています。
2位になれば、来年の総裁選での後継としての正当性を保てることが出来るとしています。

自民党総裁選挙は、筋書きがある選挙であり、白けた選挙と言わざるを得ません。
安倍首相路線を継承する菅義偉官房長官が首相になれば、国民不在の永田町論理で政権運営をするのではと危惧しています。



















 

コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード