fc2ブログ

婚活の知恵

 「あっ!痛い」足を踏まれた。

事件は、某デパートのエレベーター内で発生しました。
私の足を踏んだご老人が、「あっ!痛い」とは…………
「えー!」………足を踏まれた私が、「ごめんなさい」とでも言うのかなと、一瞬考え込みました。
ご老人の声は、静けさを打ち破り、はっきりした声でした。
周りの人は、「ジロリ」と私を見つめています。

私は、言葉を失ってしまいました。

頭の中は、「私が被害者で足を踏んだのがご老人ですよ」と叫びました。
足の痛みが和らいでいくにつれ、踏まれなかったような錯覚に落ちました。

ご老人は、悪びれた様子でもなく、冷静を装っていました。
ご老人の素直な訂正と謝りの言葉のタイミングを失したときは、被害者の私は加害者になってしまい、悲劇です。

わずか数分の出来事でしたが、随分長い時間に感じました。











コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード