fc2ブログ

ボランティア活動

8月になりました。
気象庁は、曇りや雨の日が多い梅雨期から、夏の到来を告げる梅雨明けを発表しました。

1日の第1土曜日は、定例の阿漕浦海岸清掃です。
コロナウイルス感染者数の拡大を気にしながらの活動です。
自由意志に基づいて、15人程集まりました。
すべての人が、マスク姿とサングラスそして帽子を被っていて、どなたかお顔がわからない状態での作業となりました。

私は、早朝6時半すぎから周りを気にせず、1人で清掃作業をしていると、散歩中の老人に「暑いのにご苦労様です。市の職員さん?」と声をかけられました。
「いえ違います。ボランティアです。」と答えました。
すると、「無償なんですか。えーどうして清掃をしているのですか?」と話す。
「私のボランティア活動の考えは、人に言われたからではなく、自主的に判断し、見返りを求めず、自由に行動が出来ます。清掃活動は、精神修行であり、心を豊かにし、やり遂げた充実感と力づけしてくれて、人間形成に役立ちます」と答えました。
散歩中の老人は「貴方は大した人だ。有難う」と話されました。
当たり前のことをしていい気分の状態で、35袋程のゴミ袋の前で全員写真を撮りました。

記録的な大雨で山形県の428の支流がある最上川が氾濫し、多くの家屋で浸水被害が出ました。
1日からボランティアが入り、復旧作業が行われました。
少し前には、熊本県の大雨・洪水・被害で復旧・復興のボランティアが入りました。
いずれも、コロナウイルスの影響があり、ボランティアは県内に限るとしました。

災害対策で民の力の活用を前提としている折、経費を削減するために本来官がやるべき仕事を民に丸投げしています。
又、あらゆる支援が自治体や国を通して行われるべきという考えは現実にそぐわないと考えます。

行政の手が足りない隙間をいち早く埋めるのが民間ボランティアです。
民の活動は自由意思に基づいており、多様な活動で力を発揮します。
官には、被災者に向き合い、「公平」で「一律」の支援を願っています。
     







コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード