fc2ブログ

婚活の知恵

 4月20日 火曜日 「春雨は、冷たい」

朝、目を覚ますと雨。止みそうにもない。
とにかく寒い。

朝食を済ませ、身支度を終え会社へ出勤。
途中、スーパーで買い物をするのが日課となっているので立ち寄る。
駐車場で車を止め、傘をさして、自前の買い物袋を下げ、車から出ようとした時、数台先の窓越しから見える一台の車に釘付けになった。

車の扉が開いたのに出てこない。
「どうしたのだろう」と注視していると、母親が片手に幼児を抱きかかえ、もう一方に大きな買い物籠を持って出てきた。
傘は差していないので、咄嗟に近寄り「どうぞ、お入り下さい」と話しかけ、傘を親子に差し出しました。
女性は驚いた様子でうなずき、無言で歩き始めました。
女性は私のことを変質者と思い、警戒しているのではと思わせるような素振りでした。
私は一瞬、体が凍ったようになり、スーパーの出入り口まではいつもより長い距離のように感じました。

たった数分間の出来事でしたが、こういう場合どんな話をしたらいいのか考えていました。
スーパーの出入り口まで来て、雨にぬれない場所を確認して、「どうぞ」と言って別れました。
女性は、何も話しませんでした。

親子に集中して傘を差していたので、雨で背中がぬれていました。
買い物を終え、出入り口で傘を差して出るとき、先程の親子は「どうするのか」と気にしながら、店を後にしました。









コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード