fc2ブログ

婚活の知恵

 人生で勇気ある決断をするときがある。

4月18日 プロ野球 阪神と横浜戦で阪神の金本知憲外野手が、世界記録更新中で、1999年から続いていた連続試合フルイニング出場が1492試合(1万3,686イニング)で止まった。
「鉄人」「兄貴」と呼ばれる金本選手が右肩痛を抱えながらのプレーは、「チームに迷惑がかかる」との気持ちから、自ら志願して先発から外れ、記録は途絶えた。

社会の第一線で活躍している人が避けて通ることが出来ないのは、引き際であろう。
引き際が間違うと「惜しまれて」から「恨まれて」になってしまい、名声が消され、非難されるでしょう。
「惜しまれて」の人は、歴史に残り、名声や実績は語り続けられるでしょう。
金本選手は、限界を感じ、見事に引き際を演出しました。
世界記録の数字が途絶え、悲しく、悔しい思いをしているのは、金本選手ご本人だと思います。
この記録は今後破られないのではと言われています。
金本選手「長い間ご苦労様」です。

現実に目を向けると、金本選手のように、誰もが望む引き際を自発的に志願する人は多くないように思います。
いつまでも権力を鼻にかけ、居心地の良さを指定席として、我が物顔で闊歩している権力者が多いのが現状ではないでしょうか?
空気が読めず、往生際の悪い権力者には困ったものです。







コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード