FC2ブログ

韓国との関係

  夏も終わりに近づき、朝晩涼しくなりました。

22日 熱くなる、とんでもない話が韓国政府から日本政府に伝えられました。

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄通告です。

これは、軍事上の機密情報を提供し合う際、第3国への漏えいを防ぐために結ぶ協定です。
秘密保全の対象は、軍事技術だけでなく、戦術データーや暗号情報、高度のシステム統合技術など広範囲に及びます。
「GSOMIA」は日韓の安保同盟であり、朝鮮半島の有事を想定しての軍事情報の交換などを目的とし、対北朝鮮のミサイル発動などの事態に備えたものです。
この協定破棄は、日韓関係が緊張状態になった事を意味します。

協定破棄の背景は、日本が韓国に対して半導体、ディスプレイ、メモリーチップ製造に不可欠な工業製品の輸出規制強化に続き、輸出管理の優遇対象国(ホワイト国)から外すとしたことへの対抗措置です。

韓国とは問題が山積しています。
島根県の竹島を実効支配したり、解決済みの慰安婦問題や徴用工問題などがあります。

日本は戦争に敗れ、1965年 朴正煕(パクチョンヒ)大統領は当時の国家予算の2倍強の賠償金を引き換えに日韓関係を正常化させる日韓基本条約に合意しました。
これにより、両国の過去は清算されました。
しかし、韓国は、日本に対していつまでも謝罪と賠償を要求しています。

反日感情を煽り、不買運動が続く中、解決の糸口が見いだせなくなってきました。
日韓の歴史認識の違う中、安倍政権は対話による丁寧な話合いにより、戦略的に対抗しなければいけないと感じています。




















コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード