FC2ブログ

台風と地震

 自然災害が連続して発生しました。

台風と地震です。

台風は暴風と高潮をもたらした21号です。
4日 25年振りに「非常に強い」勢力を保ったままの台風21号は、徳島県南部に上陸し、その後神戸市に再上陸しました。
その後、日本海を北上し、5日には北海道にも接近して間宮海峡で温帯低気圧に変わりました。
台風21号の被害は全国に広がりました。
大きな被害をもたらした要因は、関西空港の滑走路などが冠水し、連絡橋が損傷する程の記録的な潮位による高潮でした。
もう1つの要因は、強烈な風で最大瞬間風速58.1mを観測したところもあった暴風です。

地震は6日の真夜中の3時8分頃、北海道胆振地方を震源として発生しました。
震度7を観測し、大規模な土砂崩れや家屋の倒壊が各地で発生しました。
7日現在で18人が死亡、心肺停止者2人、安否不明者19人になっています。 
その後、余震が108回観測されています。

これらの自然災害から共通しているのは、社会のもつ脆弱性(災害に対する弱さ)です。
国は、災害後の対応では補正予算を組んで復旧を図るとしています。
これは、当然の事であり、事後対応です。

災害には発生の事前準備が必要です。
災害の未然防止・被害の拡大防止などの防災計画や危機管理体制そして停電対策など必要とされる防災対策マニュアルの作成が望まれます。
これらを怠れば、市民生活や経済活動に大きな影響を与え、被害はより大きくなります。

自然の猛威に立ち向かうための方法として、被害を小さくするために「備えあれば憂いなし」として十分な準備をしてほしいと願っています。












  

コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード