fc2ブログ

不安定

9月1日になりました。

第1土曜日は、アイリス定例の阿漕浦海岸清掃日です。
天気予報では、大気不安定で90%の雨。
朝5時過ぎに窓を開けると西空が明るく、雨が降っていない。
雨が降る前に海岸清掃を済ませておこうと考え、阿漕浦海岸の南側の松林周辺とその浜辺の清掃活動を行いました。
普段に比べ、多くの太公望が早朝釣りをしていました。
外人のグループが浜辺でバーベキューをしていたので、ゴミ袋を手渡し、ゴミの持ち帰りをお願いしました。
7時半頃であろうか、雷鳴に続き雨が降ってきました。
急いで後片付けをしました。
ゴミ袋6袋と珍しい物としてはバケツ一杯のすり減った軟式野球ボールそして発泡スチロールのブイ等がありました。

大気不安定と同じように不安定で不適切な処理の事件が発生しました。
その事件は、中央省庁で障害者雇用数が水増しされていました。
国の33行政機関のうち約8割の27機関で不適切な障害者数の参入がありました。
法によれば、雇用率に算入できる障害者の範囲を厳密に定め、障害者手帳などで確認するようになっています。

この問題は、国の行政機関には極めて甘く、民間には格段に厳しいのです。
国の行政機関では、法令上のルールを長年に亘って無視していました。
事務的には、障害者手帳の確認コピーを取らず、厚生労働省に集計数字の報告義務だけです。
監督機関もなければ、虚偽報告をした際の罰則もないのです。

国に比べ民間企業では、厚生労働省への報告に加え、独立行政法人に年1回、障害者の名前や障害者手帳番号を報告しなければなりません。
更に、3年に1回は同法人の監査を受け、手帳のコピーなどを確認されるのです。
罰則規定があり、法定雇用率を達成できない企業は不足1人につき月5万円を国に納めなければなりません。
法定雇用率を大きく下回ったら、雇用率を達成するための計画作成を命じられ、それでも達成できなければ社名が公表されます。

民間企業は国を模範としてきただけに、許しがたい、あってはならない事態であり、国民は裏切られた気持ちです。











コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード