ウミガメ

ウミガメが産卵にきました。

津市の阿漕浦海岸です。
5月末に続いて6月12日は2度目。
阿漕浦海岸での2匹目の産卵は、数年間記憶がない。

ウミガメは太平洋2万キロの長旅の途中で、メスだけが生まれた地の阿漕浦海岸へ産卵しに来ました。
ウミガメの特徴は大きな甲羅で、他の亀と違って甲羅の中に頭を引っ込める事は出来ないのです。
ウミガメは海洋汚染、底引き網漁、営巣地周辺の開発により年々減少していて絶滅の危機に瀕しています。

ウミガメは1回の産卵で100個以上の卵を産みますが、ウミガメの赤ちゃんを待ち受けているのは大変厳しい自然界の世界です。
残念ながら1000匹に1匹しか大人のウミガメになれないと言われています。
12日の朝5時半頃から約1時間ほどかけて産卵し、海に戻っていきました。

12日は奇しくも私の生まれた日(役所への届は11日)
ウミガメとの不思議な縁を感じてしまう。
ウミガメと共生するために、次世代の子供たちに住みよい環境であり続けるために海岸清掃を続けていかなければと考えてしまう。

ウミガメの性別は卵から孵化する時の周囲の環境の温度、特に砂の温度で決まります。
30℃以上の温かい温度環境ではメスのヒナが生まれやすくなり、30℃以下ではオスのヒナが生まれやすくなるという傾向があります。
地球温暖化により、砂の温度が高くなり、メスが増え、オスが増えなくなると言われています。

「ウサギとカメ」との話です。
ウサギはノロノロやって来るカメに油断していました。
カメはコツコツと脇目を振らずに努力をすれば報われるとして、ゴールを見ていました。

ミケランジェロの名言
「私達皆にとって高い目標を掲げ失敗することは危機ではない。低い目標を達成し満足する事こそ危機である」











コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード