FC2ブログ

おざなり

 国難到来です。
国会が空転し、迷走しています。

何故、政治家と官僚の森友・加計学園などの不祥事件が発生しているのか考えました。
これは、永田町論理があるからです。
永田町論理は、政治家独特の考え方であり、国民が入ることが出来ない、ルールです。
永田町論理で言われている言葉です。
1、既得権益を守る事      2、自分に降りかかる火の粉は他人に降りかかるようにする事 
3、自己保身に徹する事     4、金のなる木に群がること 
5、権力者には巻かれる事     6、火中の栗は拾わない事 
7、自分の利益に成る事は必死に行動するが、自分の利益に成らない事には近づかない。
これを実行している議員が残れます。

今回の事件から加えたい言葉があります。
「おざなり」です。
「おざなり」とはその場しのぎで、意識的にいい加減な言動をして、その場を逃れようとする事です。

永田町では「忖度」があって、「公文書改ざん」・「隠ぺい」・「嘘」・「責任逃れ」が正当化されています。
嘘が増幅され、記録より記憶が優先します。
世間では認められていない、驚くべき悪しき行動や言動は、永田町では立派に通用します。
丁寧な説明とは、真相を話さないで、のらりくらりと核心にふれず、曖昧に話すことが丁寧な説明のようです。

永田町論理は、どう考えても、日本社会の教育に良くありません。
このような悪しき習慣が日常茶飯事行われているのであれば、日本の未来はありません。

外交では、日本は、アメリカ追随外交であり、制裁一辺倒の北朝鮮問題では、日本は交渉から外されています。
北朝鮮は「日本と話し合う余地あり」と話しているので、安倍首相はチャンスとしてアメリカに先んじ拉致問題・非核化について日本独自の見解を示すべきだと思います。

安倍首相政権下、「たしなめる」人の出現を期待しています。
















コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード