fc2ブログ

迷走

 「 大義なき解散選挙」の投票日が残り1週間となりました。

「大義なき解散選挙」についてです。
安倍首相は、森友・加計学園問題で丁寧な説明をせず、揶揄(やゆ)しました。
国民の多数が説明不足で理解できないと感じました。
加えて、議員不祥事や大臣の資質を疑う意味不明な発言があり、「おごり」「ゆるみ」などの目に余る言動と行動が続きました。
政治不信は国民に蔓延し、安倍首相は東京都知事選や都議会選挙で圧勝した小池百合子氏の存在を脅威と強く感じました。

小池百合子氏は、国政に向けた準備を慎重に行動してきました。
安倍首相は、小池氏が体制を整えるには時間がかかることを考え、「今がチャンスなり」として大義なき解散選挙を決行しました。

想定外の事が起こりました。
小池氏は、安倍1強を崩すために野党が足並みを揃える事を目指し調整してきましたが、民進党が小池氏の希望の党、枝野氏の立憲民主党、無所属の3つに分かれました。
選挙情勢調査では、野党の足並みが揃わないため、自民党単独で過半数(233)を上回るとメディアが報じています。

今回の選挙で安倍首相は、「国難突破解散」と命名しましたが、「国内混乱解散」と感じています。
アベノミクスは、企業収益が75兆円まで改善したものの物価の伸びは目標の2%にほど遠く、デフレ脱却は道半ばで消費も伸び悩んでいます。
高齢化社会の今、将来安心して生活を送れるよう国民に寄り添う人を選びたいものです。






  



コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード