fc2ブログ

極限

 「極限」という言葉があります。
平均レベル以上の限度を超えた話題です。

1つは、東京都議選です。
2日 定数127議席に対して投開票が行われました。
小池百合子知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」が都議会第1党となりました。
立候補者50人中49人が当選しました。
これに比べ自民党は、立候補者60人に対して過去最低の38議席を下回る23議席となり、歴史的惨敗となりました。
選挙前の予想では、自民党議席は30議席程になるとしていましたが、厳しい選挙結果となりました。

2つ目は、九州北部のゲリラ豪雨です。
5日 活発な梅雨前線の影響で猛烈な滝のような雨が降り、福岡県と大分県に重大な災害が差し迫った異常事態として大雨特別警報が発表されました。
記録的な豪雨は、積乱雲が連なる「線状降水帯」が発生した事によります。
自然の猛威は、住宅浸水や火山灰等でできた崩れやすい斜面が上流で崩壊して土砂を運び樹木をなぎ倒し流木となりました。
そして濁流は住宅を飲み込み、住宅流失となり、更に河川の氾濫など生活地を一変させました。
豪雨発生から5日経ち、集落の孤立状態はほぼ解消されたようですが、多くの犠牲者が出ました。

2つの事例から共通の事を感じました。
「おごり」です。
東京都議選は、安倍1強の自民党の「おごり」による都民怒りの敗北であり、九州豪雨は、地球温暖化などで海水面の温度が上昇傾向にあるにもかかわらず温暖化削減が進まないことにより、自然の神様が怒り、人間の「おごり」を懲らしめたと感じています。











コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード