赤信号みんなで…。

 安倍1強政治です。

15日 テロ準備法(組織犯罪処罰法改正案)が成立しました。
法案成立理由は、2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えたテロ対策にテロ等準備罪の新設が不可欠としている事そして 2000年に署名した国際組織犯罪防止条約締結の必要性からでした。

金田法相が余り理解していない法案です。
答弁は2転3転しました。
法案審議の焦点は、人の処罰される「人」の範囲です。
テロ等準備罪は組織的犯罪集団の構成員以外にも適用される場合があるにもかかわらず、政府答弁は一貫性に欠けました。
法律が曖昧な状態であり、状況判断に基ずく運用で行うというものです。
これは市民の自由を損ない、罪のない一般市民の不当な監視を可能にするなど乱用の恐れがあります。

「赤信号みんなで渡ればこわくない」
法案設立に無謀にも与党の数の力が働きました。
審議不十分に拘わらず、参議院法務委員会での審議・採決を省略したのです。
参議院本会議で秋野法務委員長は「中間報告」を行い、前代未聞の強行採決となりました。

これが日本の政治です。
丁寧な審議と本会議にかけるルールが守られていません。
政治家は選挙や数集めではなく、説明責任を果たし、「国民の生活を守る」気概を持ちつづけてほしいと願っています。







コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード