FC2ブログ

ボブ・ディラン

 「フォークの神様」「ロック界の英雄」と呼ばれてきたボブ・ディラン氏がノーベル文学賞に輝きました。

驚きました。
毎年候補に上がり、本命と騒がれている村上春樹氏が落選し、ミュージシャンのボブ・ディラン氏が受賞する事になったからです。
受賞は意外でしたが、同世代として大変喜ばしい限りです。

私は、文学と音楽とは別物と思っていました。
しかし、短い歌詞は詩的であり、社会問題や戦争などのテーマに取り組む深い内容です。
読書離れの昨今、音楽による歌詞表現は時代の流れとして高まっていくのではと期待しています。

生き方についての名言  「日々生まれ変わるのに忙しくない人は、日々死ぬのに忙しい」

※ 代表曲「風に吹かれて」から
「どれだけの砲弾を発射すれば、武器を永久に廃絶する気になるのか」… 中略 …
「人はどれだけの死人を見れば、これは死に過ぎだと気づくのか」 というプロテスト・ソング風の問いかけ
「男はどれだけの道を歩けば一人前と認められるのか」
「山が海に流されてなくなってしまうのにどの位の時間がかるのか」 という抽象的な問いかけが交互に繰り返された後
「答えは風に吹かれている」 というリフレイン(繰り返し)…。


コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード