fc2ブログ

和解

 国と沖縄県は、 名護市辺野古移設で海岸埋め立て工事の中止で和解しました。
沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)から名護市辺野古移設を巡る代執行訴訟です。

「和解」とは当事者間に存在する法律関係の争いについて、当事者が互いに譲歩して、争いを止める事を合意する言葉です。
「和解」の言葉は、争いを止める事であり、平和的な響きの言葉です。

1996年4月 米軍普天間飛行場は、橋本政権時代の日米両政府が全面返還を目指す事で合意しました。
この時、日米政府と沖縄県とで解決に向け、平和的に話し合いができる環境でした。
絶好のタイミングであり、目的解決の本質を見極めることが可能でした。

和解後、政府は辺野古移設が唯一の選択肢としており、沖縄県の翁長知事も移設阻止のために対抗する考えです。
国と県とは対話が不調であり、一歩も歩み寄っていません。
和解は休戦であり、問題を先送りしただけです。
本質を見失い、タイミングを逃してしまうと住民感情を無視した目先の利益に向いがちになると感じています。


コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード