FC2ブログ

少子化・晩婚化を考える

 若年無業者が240万人を超えた。

対象年齢は15歳~39歳までであり、若者の16人に1人になっています。
社会を支える若い世代が働けない状態に追い詰められています。
若い世代が就職しても多くは非正規社員であり、慢性的な長時間労働と休憩時間がろくに取れない問題があります。

女性を追い込む言葉にマタニティハラスメント(略してマタハラ)があります。
職場において妊娠・出産をした女性に解雇や契約打ち切り、又は自主退職への誘導などの行為や妊娠中・産休明けなどには、残業や重労働を強いる事など不利益な取扱いです。

少子化・晩婚化が叫ばれていますが、若年無業者と非正規社員の問題やマタハラによる妊娠・出産の問題は、若者の婚活を取り組む意欲と結婚後の妊娠・出産を阻む要因と考えます。
今年度は女性の社会進出も含めた施策が考えられていますが、上記の問題を念頭にした施策を考えていただき、解決を望みたいものです。



コメント

非公開コメント

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード