FC2ブログ

大阪万博

 2025年 国際博覧会(万博)の開催地が大阪市に決まりました。

大阪での開催は、1970年以来55年振りです。
当時の万博は、アポロ12号が持ち帰った「月の石」の展示や芸術家の岡本太郎氏がデザインした「太陽の塔」が有名な建造物として人気を博しました。

今回の大阪万博の決定は、青天の霹靂でしたので驚きました。
開催予定地は、「負の遺産」と言われている大阪市湾岸部の人口島「夢洲」です。

政府や「大阪維新の会」の松井知事と大阪市の吉村市長の思惑が一致して、誘致が始まりました。
誘致活動は、4年間で約35億円つぎ込みました。

実現しましたので、途上国など約100カ国にパビリオン建設費や旅費など約240億円を支援するようです。
そして、会場整備には約1250億円以上かかると試算しています。
更に、大阪市は全額出資する大阪メトロを会場近くまで延伸したり、道路拡張整備に730億円を見込んでいます。

今回の誘致を巡り、最大ライバルのフランスパリは財政の理由から立候補を取り下げました。
2000年に開催されたドイツ・ハノーバー万博では、入場料などで事業費をまかなえず、約1200億円の赤字になりました。

「いのち輝く未来社会のデザイン」がテーマですが、財源や経済効果など具体的なデザインは決まっていないと言われています。
インフラや会場整備2000億円は、大半が税金で賄われると言われています。

万博は半年間の期間限定イベントです。
万博終了後はパビリオンは壊され、誘致を進めているカジノを含む統合型リゾート施設に変わるかもしれません。
財政厳しき折、利権や談合による不透明な建設費などによる税金の無駄遣いがないことを祈らざるを得ません。




















プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード