FC2ブログ

安倍首相過ち演説

 9月25日夜(日本時間26日午前) 第73回国連総会の一般討論演説で起こりました。

安倍首相は、在任3年間中に自由貿易体制強化と北東アジアの戦後構造を除去する決意表明を日本語で演説しました。

間違い発言は、演説の早い時間に起こりました。
その箇所を抽出します。
「自由貿易体制は、アジア諸国を順次離陸させ、各国に中産階級を育てました.。背後には、1980年代以降、日本からこれら諸国に向かった大規模な直接投資がありました」……。

背後ー「はいご」を「せいご」と読み間違えました。

日本を代表する総理大臣の間違いです。
日本語を正しく伝えることが世界各国に日本を理解していただく事であるのに拘らず、恥ずべきことです。

以前にもありました。
云々ー「うんぬん」を「でんでん」と読み間違えたりしました。

国連演説の中身はともかく、安倍首相が行う時の演説会場はガラガラ…。
安倍首相の評価は国際的に低く、日本への注目度としては興味のない人が多くなっていくと感じています。




新たながん治療

がん患者に嬉しいニュースが届きました。

がん治療は外科手術、放射線、抗がん剤で行われていますが、免疫でがんが治るという画期的な発明です。
2人います。
一人は京都大学 本庶佑(ほんじょたすく)特別教授、もう一人は米テキサス大MDアンダーソンがんセンターのジェームズ・アリソン教授です。
お二人はノーベル医学生理学賞を受賞しました。

2人の共通は、体内中の免疫細胞からブレーキ役の分子の役割を発見し、この働きを抑えてがんへの攻撃を続けさせる新しい治療薬を開発したことです。
本庶さんの免疫ブレーキは「PD-1」という分子であり、「オプジーボ」という治療薬です。
これに比べ、ジェームズ・アリソン教授の免疫ブレーキは「CTLA-4]という分子であり、「ヤーボイ」という治療薬として使われつつあります。

日本のがん死亡者は3人に1人が亡くなっており、心臓病や脳卒中を引き離し、年々増え続けています。
死因のトップは男性が肺がん、女性は大腸がんと言われています。

免疫治療薬は始まったばかりですが、がんの不治の病の脅威から解放される日が近いと感じています。

本庶佑氏の言葉が心に響く。
〇「自分の目で確信できるまでやる。自分の頭で考えて、納得できるまでやる」

〇「好奇心、そして簡単に信じない事」

〇6つの「C」が時代を変える。
好奇心(Curiosity)、勇気(Courage)、挑戦(Challenge)、確信(confidence)、集中(concentration)、継続(continuation)







      



プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード