財務省職員の自殺

7日 神戸市の灘区で男性が自殺をしました。

男性は、財務省近畿財務局の国有地の売却などを行う管財部門に所属していました。
この部署は、学校法人「森友学園」への国有地売却を担当した部署です。
2016年 近畿財務局が森友学園と売買交渉を行っていた当時、男性は上席国有財産管理者として在籍していました。
この男性は、約半年前から休職しています。

この職員の自殺に触発されたのか、前財務省理財局長の佐川宣寿国税庁長官が9日 辞任しました。
辞任理由は、理財局長時代の国会対応に丁寧さを欠き、国会審議に混乱を招いたことなどを挙げています。

所管する麻生財務大臣は記者会見を行い、「本人が辞めると言っている。理財局長時代からきちんと対応してきたという認識だ。」として適材適所であり、自らの任命責任を否定しました。
記者会見中に麻生大臣が漢字を読めない場面がありました。
決済文書で書き換えられた疑いがあるかどうかで「有無」を「(うむ)と言わず(ゆうむ)」と読みました。
他の事例があります。
焦眉(しょうび→しゅうび)、未曾有(みぞう→みぞうゆう)、詳細(しょうさい→ようさい)などです。
漢字が読めなかったり、失言が多く、資質に乏しい人が日本を背負っているのです。

森友問題は、財務省職員の自殺と佐川氏の辞任により、疑惑はますます深まりました。
安倍首相の丁寧な説明がされなかった事が問題を長引かせています。

財務省は、誰に気遣っているのでしょう。
なぜ国有地払い下げで国有地価格を約8億円値引きして、限りなく「ゼロ円」なんでしょう。
なぜ財務省職員は自殺をしなければならなかったんでしょう。
すべてが謎で、信じられないことだらけです。

決済文書の書き換え文書の存在と事実関係を明らかにし、疑惑解明をして国民に丁寧な説明をしてほしいと願っています。










プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

QRコード

QRコード