FC2ブログ

不可解な防衛

 連日、北朝鮮問題が新聞、テレビで取り上げられています。

現状の不穏な北朝鮮の動きに日米韓は、圧力をかけ続けることが最善の策と考えています。

その上で、日本はイージス艦搭載の迎撃ミサイル「SM3」と地対空誘導弾「PAC3」で島根、広島、高知3県の上空を通過し、グアム周辺に至る北朝鮮弾道ミサイルを迎え撃つ考えです。
日本は防衛強化を考えており、17日には外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)で米国が開発した陸上型イージスシステム「イージスアショア」の導入を要請しました。

18日には、中国・四国地方の島根、広島、高知の3県と鳥取、岡山、山口、徳島、香川、愛媛の計9県202市町村が対象で全国瞬時警報システム「Jアラート」の情報伝達訓練が行われました。
警報が出たら、どうしたらいいのでしょう。
避難所(シェルター)がない日本はどこに逃げたらいいのでしょう。

太平洋戦争時を思い出します。
日本に残された女性は、防空頭巾を被り、竹やりで戦闘機を落とす訓練をさせられました。
お国の為という事であり、馬鹿馬鹿しい訓練です。

今日の日本の迎撃ミサイルは、北朝鮮のミサイルが高速で上昇を続けている可能性高く、難しいと言われています。
発射した場合、ミサイルの破片が日本の周辺に落下します。
加えて北朝鮮は、日本を標的にするでしょう。
太平洋戦争時の竹やりで戦闘機を落とす訓練と変わりがありません。

自衛隊の皆さん 迎撃ミサイルは発射しないでください。
自衛隊の「皆さん 迎撃ミサイル配備は、止めて基地に戻ってください。

戦争はしないでください。









  

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QRコード