FC2ブログ

民主化

13日 中国人ノーベル平和賞受賞者リュウ・ギョウハ氏が亡くなりました。

リュウ・ギョウハ氏は、民主活動家でした。
「08憲章」として起草者に名を連ねて共産党の1党独裁廃止を求めたのです。
1党独裁に反対の民主化運動は、国家政権転覆扇動罪として懲役11年の実刑判決が下され、服役を強いられました。
リュウ・ギョウハ氏夫人の詩人で写真家のリュウ・カ氏も拘束され、自宅監禁となりました。
中国政府は、法を犯した者として扱い、肝臓がんのリュウ・ギョウハ氏に国外治療を認めませんでした。
危篤状態のリュウ氏を見舞うため瀋陽入りした活動家の6人は、連絡が取れず、連行された可能性があると言われています。

7,8年前に遡りますが、上海に旅行した時の話です。
当時、日本は鳥インフルエンザが中国からと話題になっていました。
飛行機は、上海浦東国際空港に着陸しました。
機内アナウンスがあり、保健所の職員が消毒するというのです。
出入り口の扉が開き、数人の白い服を着た職員が通路を消毒し始めました。
その珍しい光景をカメラで撮影するとフラシュの光に気付いた職員が何かつぶやきながら、私の元に近づいてきました。
「撮影を取り消せ」というのです。
頭が真っ白になり、慌ててカメラをいじりました。
「消さなければ逮捕されるかもしれない」と思いながら、必死で取消操作をし続けました。
なんとか取り消しが出来、職員に見せて許してもらいました
その時、「中国はなんて不自由な国なんだろう」と思いました。

言論統制が続く中国は、情報が遮断され、自由な行動が規制されています。
リュウ氏の民主化運動を正当でないとする中国は、共産党の1党支配が続く限り、民主化が程遠いと感じています。


プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード