FC2ブログ

領土問題

 淡い期待が消えました。

15、16日 安倍首相とロシアのプーチン大統領との首脳会談が行われました。
関心の高い国後、択捉、歯舞、色丹の4島返還か最低でも2島の歯舞、色丹の返還には至りませんでした。

基本的には、北方4島での「共同経済活動」について、日露双方の立場を害さない形での実施に向けた協議を始めるとしました。
合意内容としましては、「特別な制度での共同経済活動」「8項目の経済協力プランの推進」「3000億円規模の投融資」などです。
首相のねらいは、共同経済活動を先行させ、平和条約締結を行い、ロシアに譲歩を重ねて領土交渉を進めると考えています。

北方領土は日本固有の領土です。
終戦直後、ロシア(ソ連)が日ソ中立条約を破って4島を不法占拠しました。
ロシアは不法侵入者です。
日本は、「出て行ってください」と言えず、「返してください」に変わりました。
1956年の日ソ共同宣言では、歯舞群島、色丹の2島を引き渡すと明記され、1993年の東京宣言などで4島帰属が公式文書で確認されています。
歴代政治家は、有利になる交渉のチャンスを生かしていない消極姿勢が解決を困難にしています。

第2次大戦後、4島を追われた1万7千人余りの日本人のうち1万人以上が亡くなりました。
平均年齢が81才を超えました。
島では今、終戦時の元島民と同じくらいの数のロシア人が自分の領土と考え、生活を営んでいます。

安倍首相の新しいアプローチが希望を叶えてくれる早期解決による行動と期待したいものです。

















プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

QRコード

QRコード