FC2ブログ

後悔と反省

 政治家の不明朗な政治資金と政治家責任の曖昧さが国会審議に影響を与えている。
  審議予定の79法案が、衆議院通過ゼロとなっています。

第2次安倍改造内閣での閣僚による「政治とカネ」に関する疑惑が止まらない。
疑惑閣僚を列記すれば
  ①小渕優子前経済産業相      政治団体の不明朗な会計処理・会計責任者折田前町長強制捜査
  ②松島みどり前法務相        自身の選挙区で「うちわ」を配布
  ③江渡聡徳防衛相          政治資金収支報告書の訂正(寄付行為)
  ④望月義夫環境相          政治資金収支報告書で虚偽支払い
  ⑤宮沢洋一経産相          外国人企業からの献金・SMバー交際費支出
  ⑥有村治子女性活躍担当相     脱税企業からの献金
  ⑦西川公也農相            親族企業から事務用品の購入
野党側は
  ①枝野幸男幹事長 (民主党) ②江田憲司共同代表(維新の党)③大畠章宏前幹事長(民主党)など政治資金収支報  告書の記載不備など芋づる式に露呈している。

「後悔先に立たず」という諺があります。
いてしまった事は、後になって悔やんでも取り返しがつかないということです。
会計責任者だけに罪をを委ね、政治家本人は知らなかったでは済みません。
社会に与えた事の重大さに反省し、きちんと説明をしていただきたいと思います。
そして、ルール違反をした罪は議員辞職をすることではないかと感じています。









プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード