婚活の知恵

本当の勇気とは?

今年も残りわずかとなりました。
結婚を考えている多くの独身者とお会いし、相談する機会を得ました。
面接に時間をかけて、ご本人様から人生観や結婚観を伺う事が出来ました。
お相手をご紹介して、ご成婚に至った時は家族の方とも喜びを共感出来、幸せを感じています。

お蔭様で開業してから4年を迎える事ができました。有難うございます。

オークトリースタッフは常に人と人を結び、幸せな家庭づくりに貢献するという崇高な目的と経営理念の“真心を込めて”を銘記して、今後も仕事に励んでいきたいと考えています。

日頃から気にしていることがあります。
結婚相談に来られたご両親やご本人からの連絡がないことがあります。
私達スタッフの説明が不十分であったとしたら申し訳ないと思いますが‥‥私達スタッフはこれからの進路について真剣に考えていますので連絡をしてほしいと願っています。

結婚を望まれる方はお相手との出会う機会を多くして、真剣に婚活をする努力が求められると感じています。

「義を見てせざるは、勇なきなり」と言う諺があります。

この諺は、道義から見てどうしてもしなければならない事を知っていながら、これを実行しないのは本当の勇気がないという事と言われています。
出会った事柄については、恐れず、逃げない事が肝要です。



婚活の知恵

 こんな経験はありませんか?

ある寒い日の雨模様の午後、友人から電話がありました。
久し振りの声を聞き、どうもよそよそしく持ち前の明るさがないと感じました。

「お元気ですか?実はゴルフのお誘いなんだけど‥‥」
          「えっ! 久し振りですね。何時なの?」
「来週の火曜日なんだけど‥」
          「はあ‥来週の火曜日ですって!切迫しているね」
「お願いしといてなんだけど当日はコンペで集まりが悪く、なんとか一組お願いできないかな。          友達として是非共引き受けてくれるよね」
「ちょっと待ってよ。12月は寒いのでゴルフプレーは控えているんだけど‥参加者が少ないんですね」

このような話は予告もなく、突然にやってくるものです。
言われてみれば自分は参加したくなくても友人は困っていると感じれば、協力したくなるものです。

なんとか友人に頭を下げて一組つくり、当日を迎えました。
「おや、驚いた」
意外にも大勢の方が参加をされているではありませんか!

この中には私のように突然電話があり、急に呼び出された人が何人かいるのではと思いました。














婚活の知恵

 12月1日 「師走」

「光陰矢のごとし」
早いもので今年も残り1ヶ月。 カレンダーも一枚になってしまった。

「師走」の語源は、家々で師(僧)を迎えて、読経などの仏事を行うため師が東西に走り回るため「師馳(は)せ月」と言ったのを誤ったものだとか‥‥。
師が東西に走り回るとは、なんとも気ぜわしい。
まず、年内にやるべきことを整理して悔いのないように新しい年を迎えればと考えている。

それにしても12月は他の月と違いしなければならないことが多い。
年賀状を書くことから始まり、忘年会や大掃除や墓参り等、やるべきことが山積だ。

年賀状については、子供の頃父親から硯で墨を磨り、筆で書くことを教わった。
「姿勢は背筋を伸ばし精神を統一して」と厳格だった。

時代は流れ、多くの人は年賀状を書くことはせずすべてパソコンで処理。
なんとも自筆でないので温かみが出ず、味気ない。
私は、今でも住所と宛名は筆ペンで書いていますが……。

そしてメールが社会を蔓延している現在、年賀状を出さずメールのやりとりで処理をしている人が多くなってきたと言われています。
日本の伝統的行事の年賀状を書くことと、正月に便りを受け取る良き習慣がなくなるのではと心配です。










プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QRコード