fc2ブログ

婚活の知恵

 サービスと機械化についてお話します。

最近、機械化の急速な進展に伴い便利な世の中になった実感はありますが、真のサービスが疎かになっているように感じています。
銀行を例にあげますと現金の預金・支払いと振込みは、現金自動預払い機で行われます。
同時に通帳への記張処理と新通帳への切り替えも自動処理されます。

私達は、銀行へ時間を気にしながら飛び込み、窓口で順番待ちでの処理から、閉店後でも時間を気にしなくても取り扱いが出来るようになり、随分楽になりました。
有り難いことに、大型スーパーマーケットでも現金自動預払い機が併設されており、銀行へ出向く機会がなくなりつつあります。

顧客満足としてのサービスは、スピードある対応と便利さの売りがサービスと考えられているようです。

スーパーマーケットに目を向けてみますと、以前はレジのスタッフが値札金額を打ち込み、精算していました。
今は、バーコードでの精算が常識となりました。
そして、驚く事にバーコードの精算がスタッフからお客さんがスタッフに代わり機械を操作する時代に変化しています。

機械化のスピードについていけず、人間とのふれあいが希薄となりつつあるのが現状です。
真のサービスとは、どういうことなのか、そして機械化に伴い、人が関わるサービスも変化するはずです。

いつの時代も、心と心が通うサービスが大切である事をを忘れないでほしいと願っています。








プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード