北朝鮮の挑発

 北朝鮮の不可解な挑発行為が不気味です。

9日 北朝鮮の金絡謙朝鮮人民軍戦略軍司令官は、米領グアムに向けた中長距離弾道ミサイル「火星12」4発の同時発射計画について「島根県、広島県、高知県の上空」を通過し、グアム島周辺の海上に落とすと予告しました。
今までミサイル発射計画を声明し、実行してきたので可能性は高いと思わざるを得ません。

アメリカ側の対応です。
ティラーソン米国務長官は「米国は北朝鮮を敵視しておらず、対話も可能だ」と表明しました。
しかし、トランプ大統領は北朝鮮に「これ以上、米国を脅かさない方がいい。世界が見たこともないような炎と怒りに直面することになる」と表明し、軍事行動に踏み切る言動です。

日本政府の対応です。
日本のミサイル防衛は2種類あります。
1つは、イージス艦搭載の迎撃ミサイル「SM3」です。
 「SM3」は、最高高度約500キロの大気圏外で弾道ミサイルを打ち落とす事が可能ですが、北朝鮮のミサイルは高速で上昇を  続けている可能性高く、迎撃は難しいと言われています。
2つ目は、地対空誘導弾「PAC3」です。
 これは、地上10数キロの高さで迎え撃つ仕組みですが、未配備の空白地帯が多く、上空を通過する可能性ある島根、広島、高 知の3県は防護範囲外としています。
いずれにしても、「存立危機事態」により集団的自衛権の行使が可能となり、戦争に巻き込まれる可能性があります。
一発触発の非常事態です。

世界が協調しての経済制裁は、北朝鮮が孤立することになります。
北朝鮮の立場としては、皆にいじめられた思いで、むきになって怒り、仕返しをしてやろうと考えるのではないでしょうか?
戦争を避け、平和社会実現に向けるメセージは、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長とのトップ会談による対話による解決を期待します。


緊急入院

 緊急入院しました。

病名は、慢性硬膜下血種です。
この病気は、軽微な頭部外傷後およそ2週間から1-3か月経って硬膜下腔、すなわち頭蓋骨の内側にある硬膜と言われる厚い膜と脳を包むクモ膜と言う膜の間に血液が貯留する病気です。
この手術は、外科的手術であり、血腫を除去すれば比較的危険性が低いと言われています。
お陰様で手術の成功と経過も順調で8月6日退院することが出来ました。

7月29日 緊急入院しましたので、前回はブログを休ませていただきました。

そこで、我が闘病生活9日間を書く事としました。
1~2か月前であろうか、「頭が痛い」のではなく「頭が重い」と感じていました。
7月24日に人間ドッグを予約しているので、脳のCTはその時お願いしょうと思っていました。
人間ドッグは昼前までかかりました。
終了後、脳のCTは一般診察の1時受付ということであり、帰宅する事にしました。
日を変え、26日に診察をお願いしましたら薬を飲んで様子を見るという事になりました。

その後、28日 29日は満足に立つことが出来なくなり、29日病院に赴き、念願の脳のCT写真を撮影してもらいました。
CT写真で脳に血が貯まっているとのことで救急車で三重大病病院に運ばれ、直ぐ手術となりました。
皮膚に3~4cmの切口をいれ頭蓋骨に直径1cm、深さ1.5cmの穴をあけ、その穴にチューブを通して血腫を除去しました。
手術時間は、約1時間、除去時間約20時間。
手術後2日間は終日気分悪く、足もふらつきましたが、3日目で歩行が可能となり、5日目にはシャワーと洗髪が可能となりました。
7日目の8月4日 CT写真撮影し、主治医から「大丈夫」とのお墨付きをいただき、9日目の8月6日退院する事になりました。

生命を再びいただき、後遺症もなく、三重大学病院の先生、看護士さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、日頃からブログを通して元気を頂いている皆様に心から感謝いたします。
ありがとう。








大横綱「白鵬」

 大相撲名古屋場所13日目 横綱白鵬は、前人未到の1048勝を達成しました。
対戦相手は新大関高安で、決まり手は押し倒しでした。

白鵬は、2001年春場所初土俵でデビューし、97場所 16年2か月での大記録達成となりました。
1047勝は、元大関魁皇の記録であり、6年ぶりの記録塗り替えとなりました。

白鵬の1位記録を列挙しますと横綱勝ち星760勝、幕内勝ち星954勝、優勝回数38回、15戦全勝の優勝回数13回、年間最多勝9回、年間勝利86勝、横綱出場859回など輝かしい記録です。

白鵬の勢いは衰えを感じないので数字を積み重ねていくと思いますが、1つだけ挑戦する記録があります。
白鵬も挑戦し更新を目指しましたが63で止まった、双葉山の連勝記録69です。

横綱には品位(品格)と強さが求められています。
2010年 大相撲にとって横綱朝青龍の度重なる素行からの引退や暴力団が関する賭博行為に現役力士・親方など多数手を染め観客動員の伸び悩みなどもあり、存亡の危機に陥りました。
1人敢然と立ち向かったのが横綱白鵬でした。

白鵬は次にように話しています。
「勝つだけの相撲を取ると相撲が荒れる。頂点を極めたものは“欲”が敵になります。礼節をわきまえ思いやりを持ち美しくなければ相撲ではない」と……。
これは、日本文化の真髄を極める事にも通じ、日本人以上に日本人の心を持つと言われる所以と感じています。












民主化

13日 中国人ノーベル平和賞受賞者リュウ・ギョウハ氏が亡くなりました。

リュウ・ギョウハ氏は、民主活動家でした。
「08憲章」として起草者に名を連ねて共産党の1党独裁廃止を求めたのです。
1党独裁に反対の民主化運動は、国家政権転覆扇動罪として懲役11年の実刑判決が下され、服役を強いられました。
リュウ・ギョウハ氏夫人の詩人で写真家のリュウ・カ氏も拘束され、自宅監禁となりました。
中国政府は、法を犯した者として扱い、肝臓がんのリュウ・ギョウハ氏に国外治療を認めませんでした。
危篤状態のリュウ氏を見舞うため瀋陽入りした活動家の6人は、連絡が取れず、連行された可能性があると言われています。

7,8年前に遡りますが、上海に旅行した時の話です。
当時、日本は鳥インフルエンザが中国からと話題になっていました。
飛行機は、上海浦東国際空港に着陸しました。
機内アナウンスがあり、保健所の職員が消毒するというのです。
出入り口の扉が開き、数人の白い服を着た職員が通路を消毒し始めました。
その珍しい光景をカメラで撮影するとフラシュの光に気付いた職員が何かつぶやきながら、私の元に近づいてきました。
「撮影を取り消せ」というのです。
頭が真っ白になり、慌ててカメラをいじりました。
「消さなければ逮捕されるかもしれない」と思いながら、必死で取消操作をし続けました。
なんとか取り消しが出来、職員に見せて許してもらいました
その時、「中国はなんて不自由な国なんだろう」と思いました。

言論統制が続く中国は、情報が遮断され、自由な行動が規制されています。
リュウ氏の民主化運動を正当でないとする中国は、共産党の1党支配が続く限り、民主化が程遠いと感じています。


極限

 「極限」という言葉があります。
平均レベル以上の限度を超えた話題です。

1つは、東京都議選です。
2日 定数127議席に対して投開票が行われました。
小池百合子知事が代表を務める地域政党「都民ファーストの会」が都議会第1党となりました。
立候補者50人中49人が当選しました。
これに比べ自民党は、立候補者60人に対して過去最低の38議席を下回る23議席となり、歴史的惨敗となりました。
選挙前の予想では、自民党議席は30議席程になるとしていましたが、厳しい選挙結果となりました。

2つ目は、九州北部のゲリラ豪雨です。
5日 活発な梅雨前線の影響で猛烈な滝のような雨が降り、福岡県と大分県に重大な災害が差し迫った異常事態として大雨特別警報が発表されました。
記録的な豪雨は、積乱雲が連なる「線状降水帯」が発生した事によります。
自然の猛威は、住宅浸水や火山灰等でできた崩れやすい斜面が上流で崩壊して土砂を運び樹木をなぎ倒し流木となりました。
そして濁流は住宅を飲み込み、住宅流失となり、更に河川の氾濫など生活地を一変させました。
豪雨発生から5日経ち、集落の孤立状態はほぼ解消されたようですが、多くの犠牲者が出ました。

2つの事例から共通の事を感じました。
「おごり」です。
東京都議選は、安倍1強の自民党の「おごり」による都民怒りの敗北であり、九州豪雨は、地球温暖化などで海水面の温度が上昇傾向にあるにもかかわらず温暖化削減が進まないことにより、自然の神様が怒り、人間の「おごり」を懲らしめたと感じています。











プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QRコード