FC2ブログ

驚愕の年金答弁

 3日 金融庁金融審議会は、老後資金として2,000万円必要とした報告書を公表しました。

金融審議会は有識者会議であり、 麻生太郎副総理兼金融担当相の諮問機関です。
市場ワーキンググループとして21人の委員で構成されています。
審議会は、昨年9月から12回開催され、金融庁内部の了承を得て、報告書をまとめあげました。

報告書の内容です。
「収入が年金中心の高齢夫婦世帯は、収入よりも支出が上回るため、平均で毎月5万円の赤字になります。老後30年間これが続くと2,000万円必要になる」と試算しました。
「赤字分は貯蓄などの金融資産から取り崩す必要がある。現役世代から長期の投資を行い、資産形成を進めるべきだ」として指摘しています。

4日 麻生大臣の答弁
「100才まで生きる前提で自分なりに色んな事を考えていかないと駄目だ」
7日 麻生大臣の答弁
「貯蓄や退職金を活用している事をあたかも赤字ではないかと表現したのは不適切だった。一定の前提で割り振った単純な試算だった」と修正。
11日麻生大臣の答弁
「正式な報告書として受け取らない」

ここで考えたい事は,私達国民は老後に豊かな生活を送る為には年金では不十分であることは十分承知しています。
金融審議会は、麻生大臣の息がかかった委員によりまとめた報告書でありますから、麻生大臣は褒めてやるべきだと思います。
異論があるなら、公表する前に大臣自ら内容を吟味し、チェックを行い、丁寧に国民に説明すべきです。

「報告書は受け取らない」のではなく、報告書を参考にして、厳しい現実に目を向け、充分な給付の保障を目指しての制度見直しをしていただきたいと願っています。






里山

19日(日) 里山の草刈りをしました。

この里山は、旧津市と旧久居市の行政境界に存在し、東西に伸びる丘陵地帯です。
この辺りは、津市久居明神町柏尾の一帯であり、原野と休耕田畑が山林化しているものの、市街地に近く、自然環境に恵まれています。

妻は、保全整備しているこの里山の「みえ里山自然ふれあいの会」の代表をしています。

9時前に自宅を出発し、20分程で現地に着きました。
私ども夫婦を交え、11名が参加しました。
シニア世代です。
違った職種の専門家集団であり、視野が広がり、物事の許容量が広がり、学ぶことの大切さを知り、人生楽しくなります。

750メートル程の道のりの道沿いの草刈りであり、草刈り機を肩にかけて作業を始めました。
1時間半程で作業は終わり、終わりかけたころ雨が降り出しました。
雨が降り出す前に終わり、皆で喜び合いました。
快い汗が、上機嫌にさせてくれました。






アメリカとの関係

 25日 米国トランプ大統領が令和改元後初の国賓として来日しました。
28日まで滞在し、離日しました。

滞在中 青木プロを交えたゴルフ、特別桟敷席を設けた大相撲観戦、天皇・皇后両陛下が主催する宮中晩餐会など安倍首相による過剰なおもてなしが続きました。
強固な日米同盟を内外に知らしめる首脳会談と思っていましたから、会談による合意を期待していました。
とりわけ北朝鮮拉致問題については解決に向けた取組みの進展を期待していました。

しかし、北朝鮮拉致問題は、、安倍首相が条件をつけずに金正恩朝鮮労働党委員長と会談する考えであり、トランプ大統領が支持したにとどまりました。

そんな折、トランプ大統領のツイッターで突拍子もない発信がありました。
「北朝鮮は小さな武器を何発か発射した。それはわが国民の1部や他の人々を困らせたが、私を困らせてはいない。私は金正恩・朝鮮労働党委員長が私との約束を守ると信じている」と発信し、大した問題でもないとしています。

更に、「日米貿易交渉では大きな進展が起きつつある。特に農業と牛肉だ。ただし、大きな数字を期待するのは7月の選挙の後だ」として、貿易赤字の解消を強く求めています。

安倍首相には、アメリカファーストのトランプ氏への過剰な同調をしないでいただきたいと願っています。









     

異常気象

 暑くなり、夏の陽気です。
日本列島が高気圧に覆われました。
5月なのに異常事態です。

 今日26日 涼しい地点と思っていました北海道佐呂間町で5月の最高気温として全国初の39.5度が観測されました。
35度以上の猛暑日は53地点に上りました。
 更に30度以上の真夏日は、566地点あり、今年最多となりました。

このような異常気象は、地球温暖化と関係があります。
大気や海の不規則な自然の変動により、地球の平均気温が上がります。
地域ごとの気温は不規則に変動しながらも、極端に暑くなる頻度が徐々に増えてきています。

極端に暑くなれば、熱中症に注意しなければなりません。
大気中の水蒸気が増える事によるゲリラ豪雨も心配です。


11日 スイスジュネーブで開かれた国連環境計画でプラスティック廃棄物の輸出を制限する「バーゼル条約」の改正案が採択されました。
「バーゼル条約」は、有害廃棄物(ダイオキシン、アスベスト、PCB、水銀、鉛、カドミウムなど27種類)の国際的な移動や処分を規制する条約です。
今回の改正で汚れた廃プラスチックが輸出入の規制対象に加わることは地球温暖化対策として喜ばしい事です。

リサイクルとリユース(再使用)を増やし、プラスチックの減量化を進める事が大切と考えています。













                        

戦争発言

憲法を無視した政治家による戦争発言がありました。

問題発言の政治家は,衆議院沖縄北方問題特別委員会委員の丸山穂高衆議院議員です。

5月11日 国後島訪問中で元島民との懇談会での席上でした。
酒を酔った状態で団長の元島民に次のような発言をしました。

「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」
「戦争しないと、どうしょうもなく ないですか」

発言を謝罪し、撤回を表明しましたが、それで済む問題ではありません。
本人は、自らのツイッターに「辞職勧告決議案が可決されようがされまいが任期を全うする」と投稿しています。
任期を全うする発言は、北方領土返還手段として戦争を正当化しており、平和社会を脅かす危険な政治家と言わざるを得ません。
日本維新の会は丸山氏を除名し、日本維新の会を含む野党6党派は議員辞職勧告決議案を共同で衆議院に提出しました。
しかし、自民党は議員辞職勧告決議案の共同提出は慎重であり、加わりませんでした。

議員辞職勧告決議案は、与野党では足並みがそろわないため廃案になる可能性があります。
逆に可決されても法的拘束力はありません。

憲法9条の戦争放棄、元島民の皆様の思い、ロシアとの今後の折衝など考えれば、丸山議員自らの議員辞職会見をお願いしたいものです。











  

プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード