FC2ブログ

緊急・非常事態

新型コロナウイルスの猛威は、留まるところを知らない。

22日(土)の新型コロナウイルスの現状です。
中国本土の感染者は7万6936人(15日は6万3851人)、死者は2442人(15日は1520人)です。
隣国の韓国は、感染者が数日間で100人以上増えており、感染者数は556人となり、うち4人が死亡しました。

新型コロナウイルスは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から市中感染者へ局面が変わりました。
市中感染者についてです。
感染者は115人(15日は28人)、うち死亡者は3人(15日は1人)になりました。
感染地域は、北海道から沖縄まで14都道府県に及んでいます。
市中感染者は、海外渡航歴がなく、発症者と接触しなかった感染者です。
他には、チャター機による中国からの帰国者15人(15日は13人)、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者635人(15日は218人)、厚労省職員・検疫者など5人を含めると770人(15日は259人)と拡大しました。

国内感染は、1月3日 神奈川県の30歳男性が中国武漢市で発熱があり、6日帰国したことに始まります。
10日に入院し、14日には国内初のコロナウイルスの感染者として確認されました。
WHOや国立感染研究所のリスク評価では、家族間での人から人への感染の事例が報告されました。

2月1日 日本は、中国湖北省に滞在のある外国人や湖北省発行の旅券所持外国人の入国拒否を決めました。 
1月14日から18日後の水際作戦です。
政府は、初動を誤り、感染者対応が泥縄式になってきました。
毎日感染者が増えつづけている状況下、国の危機意識の低さが感染者の増え続けている要因となりました。

新型コロナウイルス感染症対策本部として全閣僚がメンバーとなり、設置されました。
2月16日の会議です。
小泉進次郎環境相、萩生田光一文部科学相、森雅子法相は、会議を欠席しました。
彼らは、地元の後援会の新年会や会合に出席していました。
緊急・非常事態であることを重く受け止めていないのではないでしょうか?
一刻の猶予もありません。
国民の生命を守ることを真剣に考えていただきたい。
安倍首相の下、対策本部の閣僚の皆様には医療体制や検疫体制、一般社会の対応や透明性の情報公開など具体的にお示ししていただきたいと願っています。












 











  

肥大するウイルス

新型コロナウイルスの感染猛威は、将来の生活に不安を感じるようになってきました。

神奈川在住の80代日本人女性が新型コロナウイルスに感染し、国内で初めて死亡しました。
最近の渡航歴はなく、国内で感染した可能性があります。
これにより、新たな局面を迎えることになりました。

国内感染者の居住地は、北海道、千葉、東京、愛知、神奈川、和歌山、沖縄と広域です。
新型コロナウイルスは、短期間で北海道から沖縄まで日本全土を覆いつくしました。
国内感染者に共通しているのは、肺炎患者との接触がなく、感染経路が不明な点です。
国内感染者は28人と少ないですが、チャター機による中国からの帰国者13人、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者218人を含めると259人になりました。

15日(土) 新型コロナウイルスの現状です。
中国本土の死者は1520人(8日では722人)、感染者は6万3851人(8日では3万4546人)、重症者は1万204人(8日では1007人)であり、まだ死者が増える可能性が高いと予想しています。

見えないウイルスとの戦いです。
今後、地球温暖化により強力なウイルスが複雑に発生する可能性があると予想されており、厄介な事になりそうです。



ウイルス

 8日(土)新型コロナウイルスの現状です。

新型コロナウイルスの疑いで日本人が初めて死亡しました。
中国武漢市で重度の肺炎を発症して入院していた60代の日本人男性です。
新型コロナウイルスの中国本土での死者は722人(2日では304人)、感染者は3万4546人(2日では1万4380人)、重体者は1007人と発表されました。
世界の患者は2日の26カ国から11カ国増え、37カ国に増えました。

国内です。
3日夜、大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜の大黒ふ頭沖に到着し、6日夜横浜港に着岸しました。
このクルーズ船は、乗客乗員約3700人で新型肺炎を発症した香港の男性が乗っていました。
乗船のうち273人がウイルス検査を受け、61人から陽性反応が出て、クルーズ船での感染者は64人になりました。

感染元の中国は感染者が増加しますが、日本を含む多くの国は水際対策を行っており、収縮していくと考えられています。
私達は、普段通り、マスクを着用して、暖かくして、まめに手を洗いうがいをしていくことを心掛けたいものです。

余り話題になりませんが、米国もインフルエンザが大流行しています。
毎年、感染は10頃に始まり、5月頃まで続きます。
死者は、1万2千人以上に上ります。
とりわけ感染が深刻だった17年~18年のシーズンの患者数は4500万人に上り、6万1千人が死亡しました。

米疫病対策センターは、昨年10月から現在までの推計値を発表しました。
インフルエンザにより21万人が入院し、患者数は2200万人に上り、死者数は1万2千人に達したとしています。
今年は、子供の症状が深刻化するケースが多く、すでに小児の死者数は78人に達したとしています。
更に拡大する恐れありと指摘しており、過去10年で最悪規模の可能性があると予想しています。

「風邪は万病のもと」という諺があります。
色々な病気の原因になるから軽く見てはいけないという戒めです。
心したいものです。

















新型肺炎拡大

 2月になりました。

気象庁は、今年になって暖かいのは寒気南下が北日本主体であり、東日本や西日本に南下してこないからと発表しています。
2月も一時的に強い寒気が流れ込むものの、沖縄と九州から関東・北陸にかけては暖冬傾向が続くと予報しています。

1日(土) 定例の阿漕浦海岸清掃日です。
朝6時半起床。晴。南側市営駐車場あたりの松林を清掃。
30mエリアでマット、布団、電気毛布、ペンキ缶2個、折り畳み傘、ベッドのウレタン6袋、運動靴1足、お皿数枚、炭、自動車のバンバ、プラスチックゴミ・ペットボトル・空き缶等、多数散乱し、ここだけで30袋程になりました。
先月から三重平安閣さんも参加していただき、全部で50袋程になりました。
地球温暖化に通じるゴミの山です。
新型コロナウイルスを気に留めながらの清掃でした。

新型コロナウイルス感染がものすごい勢いで急拡大し始めました。
先週私のブログを書いた時は、中国の患者数は1975人、そして中国本土以外の世界の患者は13カ国に及び、全部で2019人と書きました。
2日の発表では中国の患者数は1万4380人、死者は304人、そして中国本土以外の世界の患者は13カ国増え26カ国に及び、170人を加えると、全部で1万4550人に急拡大しました。

1月31日 WHO(世界保健機関)は感染が他の国でも拡大する恐れがあるとして、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を宣言しました。
遅きに失した感がしますが、やっと重い腰を上げました。
日本政府は武漢から邦人救出作戦でチャーター便での帰国者に8万円の請求を求めていく方針でしたが、自民党内や世論の高まりを受けて、政府が負担することに決めました。

現在、国内感染者は、20人います。
内訳としては、国内発症者は12人であり、チャーター便での帰国者565人のうち8人が感染しています。
そして、武漢には140人程の帰国希望者がいるようです。
国立感染症研究所は、ウイルス分離・培養に成功したと発表しました。
しかし、新型ウイルス肺炎で2003年に感染したSARSや2012年に感染したMERSのワクチンは未だに完成していません。
このように特効薬がないので、酸素吸入などの対症療法で多くの患者が回復するようです。
私達が出来る感染対策は、人混みに行かず、良く手を洗い、うがいし、アルコール消毒をしてマスクを着用する事です。

政府には、情報の透明性と公開そして公正さが感染拡大を防ぐ最良の方法と考えます。
2月は、「逃げて走る」のことわざの月です。
政府には、逃げずに、誠実な対応が望まれます。












新型肺炎コロナウイルス

気候非常事態です。

地球温暖化が、深刻になってきました。

オーストラリアの大規模森林火災です。
まだ燃え続けていますが、焼失面積は、北海道を超える約1,400万ヘクタールで28人が死亡したようです。
生態系の影響は深刻で、コアラは約25,000匹が亡くなりました。
他に、カンガルーやカモノハシなどの野生動物のほか羊などの家畜などを含めると、12億5千万匹が犠牲になりました。
最近、恵みの雨が降り、森林火災は下火になりました。
喜びも束の間、無情にもその雨は止むこともなく降り続け、大規模な洪水が襲い掛かりました。
日本への影響です。
オーストリアの雨期の降雨量が減少する可能性があり、日本への寒気の吹き出しを弱めかねず、暖冬を招く恐れありと専門家は話しています。
又、この森林火災により、約4億トンの2酸化炭素が排出されたと推定しています。

中国湖北省武漢市 (人口1,100万の巨大都市)で新型コロナウイルスが流行し、感染者数が急増しています。
中国保健当局は、新型コロナウイルス肺炎の患者は688人増え全国30の省や市などで1,975人に上ったと発表しています。
感染ルートはコウモリ・タケネズミ・アナグマからであり、それらを通して人から人へ感染するようになりました。
患者は、中国本土以外の日本を始め世界13の国・地域に及び、患者数は2019人となりました。
専門家は感染規模について、SARSウイルスの10倍以上になる可能性を指摘しており、警戒すべきとしています。
悪い事に中国は旧正月の春節(今年は1/25)です。
この時期は、1/24~1/30が大型連休であり、民族大移動があります。
新型コロナウイルスは、感染から発症まで最長で12日間の潜伏期間があり、感染者が増えない事を祈らずにはいられません。

これらの事例は温暖化に大きく影響しています。
干ばつが続き、空気が乾燥し、雨が降らない状態が続いたかと思うと、雨が降り続き、大規模な洪水になったりします。
又、強力な新型ウイルスが生まれたりして、人々を苦しめます。
気候非常事態は深刻です。
温暖化対策は、全世界的が協力して、一丸となって取り組むべき緊急のテーマであり、待ったなしです。
















プロフィール

代表取締役 柏木正史

Author:代表取締役 柏木正史

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード